買ってもらえるための撮影方法を知ってメルカリマスターになろう

商品撮影

メルカリで商品を出品するにあたって大事な項目になっているのが写真撮影です。
写されている写真を見ながら購入するのが当たり前なのではないでしょうか。

手にとって見れないのでどうしても写真が買うか買わないか決める重要なポイントになってきますよね。
買ってもらえるための撮影方法を知って出品したものを買ってもらうようにしましょう。

まず4枚撮影した写真が載せられるので、必ず4枚載せるようにしましょう。
言葉だけでは分からない部分も写真があることで分かりやすくなりますので色々な角度から4枚を撮りましょう。

次に自宅での撮影する場所が見つからない場合は、100均などで画用紙を買って背景にするといいでしょう。
なるべく柄の無いシンプルなものを背景にしたほうが分かりやすいですし、商品が映えます。

撮り方を迷う人は明るめ背景と暗め背景の2つは準備しておくといいでしょう。
商品自体が明るい色の場合は暗めの背景、商品自体が暗めの色の場合は明るめの背景にすると商品が分かりやすいです。
商品との反対色にすることで明るさや色味が際立って綺麗に撮影できます。

付属品やロゴ、汚れやキズなどは必ず載せると納得してお互いに購入しあえるのでおすすめしています。

洋服の場合は、床置きとハンガー掛けに掛けたバージョンを載せることでカラーバリエーションや服のシルエットが分かるのでいいでしょう。
このように買ってもらえる撮影方法を知っておくことでメルカリマスターになれますので参考にしてみてください。